歴史リレー講座「大和の古都はじめ」第33回を開催しました!

6月18日(日)、王寺町地域交流センターのリーベルホールにて歴史リレー講座「大和の古都はじめ」第33回を開催し、県内外から253名が参加されました。

講師は奈良県立図書情報館 館長 千田 稔氏で「聖徳太子の仏教と政治観 ー推古朝から奈良時代末期までー」をテーマにご講演をいただきました。聖徳太子は仏のもとで天皇も民もみな平等であるという仏教観をもち、それを政治的に実現させたのが聖武天皇で、だからこそ聖武天皇は大仏を造立した。このことを理解しなければ奈良時代の本当のすごさは分からないのだ、ということを、時折り現代日本の政治情勢も引き合いに出しながらお話しいただきました。

講座終了後、片岡王寺跡をめぐり歩く見学会を実施し29名の方が参加されました。

※「大和の古都はじめ」は、事前申込み不要の先着順で受講していただくことができます。

12時15分から入場券を配布・開場します。
定員の270名を超えた場合は、中継会場での受講となりますのであらかじめご了承ください。

岡島学芸員による歴史ミニ講座のお知らせ

王寺町教育委員会岡島学芸員による歴史ミニ講座が11時30分より始まります。
30分程度の講座ですのでお気軽にご参加ください。